ご案内

よくある質問

よくある質問とその答えです。質問をクリックすると答えが表示されます。

問題ありません。進級後に表象・メディア論系の授業を受講してください。

ゼミに入る前に、担当教員の講義または演習を履修しておくのが理想的ですが、抽選などの関係で上手く履修出来ないこともあると思います。表象・メディア論系では、全体のガイダンスとは別に、個別相談用のガイダンスも設けています。その時に先生やゼミ生と直接話をし、自分の興味とゼミで行われている活動が一致しているか確かめてみてはどうでしょうか。

ゼミを1年間履修した後に、他のゼミや卒業研究への変更希望を申し出ることができます。ただし、移動先のゼミの事情によっては不可能な場合もあります。必要書類・申請期限等は、文学学術院HPで確認してください。

表象・メディア論系図書室には、先生方の著書、授業でよく紹介される基本参考図書が配架されています。図書室内利用に制限していますので、貸し出されていることはありません。論系図書室に来ていただければ、いつでも閲覧することができます。開室時間は、月曜~金曜の12:00~19:00です。お探しの図書が論系図書室にあるかどうか、まずWINEで検索してみてください。

事務手続き・過去問題の入手方法については、早稲田大学文学研究科HP、教員専門領域・研究指導・演習については、当サイトの「進級情報」「教員紹介」を参考にしてください。個別の質問は、hyosyomedia@gmail.comまでお送りください。また、表象・メディア論系室にお越しいただければ、直接対応いたします。その際は、事前に上記メールアドレスまでご連絡ください。

ゼミ進級については、留学の種類(在学扱いにするのか、休学扱いにするのか)開始時期・期間・卒業希望年月によってゼミ申請の時期が変わります。2年生以下で3年次から留学を考えている方は、2年秋期に他の2年生と同様の手続きでゼミ決定を行うことができます。また、留学の形態・単位のとり方によっては4年で卒業することも可能です。まずは、論系室に相談に来てください。すでにゼミに入っている方は、ゼミ担当教員に相談してください。
その他の留学続き、単位等については、文学学術院HPをご覧ください。

抽選は機械的に行われていて、教員が選んでいるわけではありません。選外だけが理由で卒業できなくなるということはありませんので、安心してそのまま履修登録をつづけてください。不明な点は、事務所にお問い合わせください。