進級情報

大学院 修士課程・博士後期課程

入学試験案内

 ここで示した概要は変更される可能性もありますので、具体的な情報につきましては、必ず最新の入試要綱や文学学術院HPでご確認ください。

〈試験日程〉

 修士課程の試験は、例年8月下旬から出願期間が開始します。その後、9月中旬に一次試験、9月下旬に一次試験の結果発表、二次試験(口述試験)、二次試験の結果発表がなされます。

 博士後期課程の試験は、例年1月上旬から出願期間が開始します。その後、2月上旬から中旬にかけて一次試験および二次試験が行われます。

〈出願書類〉

 出願の際は、研究計画書を提出して頂く必要があります。修士課程の場合は4000~5000字程度、博士後期課程の場合は8000字程度のものを二部ご用意下さい。なお、早稲田大学文学研究科以外の研究科修了(修了見込)の場合、修士論文のコピー1部も併せてご提出下さい。

〈試験内容〉

 修士課程と博士後期課程、いずれも一次試験は一般外国語(英・仏・独・露・中・伊・西・朝のうち1カ国語選択)と専門科目(資料解読等)の二科目です。二次試験は、一次の結果を踏まえた口述試験となっており、本コースにおいては、大学院担当教員複数による一対多の面接形式を採らせて頂いております。

 なお過去問につきましては、過去2年分の問題用紙を戸山総合事務センターにて公開しております。コピーをご所望の際はそちらにお問い合わせ下さい(表象・メディア論系室では対応しておりません)。また、今年度行われた試験の問題は、翌年度の4月にならなければ公開されません。

〈試験時間〉

 修士課程の場合、専門科目120分、一般外国語120分(辞書持込不可)となります。博士後期課程は、一般外国語が80分(辞書持込可)、専門科目が90分です。

修士論文

 提出予定年度の10月中に、戸山総合事務センターに修士論文題目届を提出する必要があります。その後、12月中に修士論文審査依頼書の交付を受けてください。この手続を経ないと、修士論文を提出できません。修士論文の提出は1月上旬、口述試験は1月下旬、修了者の発表は2月となります。なお、継続して博士後期課程に進学される際は、修士論文の提出時期と入学出願書類の提出期間の間がそれほどありませんのでご注意下さい。

更新情報

2016.04.13
2016年度春期・秋期の時間割を更新しました。

ブログ「論系通信」最新記事

ヒョウくんとメロンちゃん